見たくない!黒ずみ対策はじめよう

部分ごとのボディの黒ずみについて

黒ずみが起こりやすい体の部分として、ひじやひざ、おしり、首の後などが挙げられます。
ひじやひざは皮脂腺が少ないため乾燥しやすく、そのことにより皮膚が硬くなりターンオーバーが遅れがちになります。
このことにより、古い角質が積み重なり、肌が黒ずむようになっていきます。
また慢性的に加えられる圧迫や摩擦などの刺激も、黒ずみの原因の一つです。
ひじやひざは、テーブルや床に触れることで刺激を受けているため、皮膚を守ろうとして角質が厚くなる、メラニン色素が過剰に生成されるなどして、次第に肌が黒ずんでくるようになります。
おしりも同様で、皮膚の乾燥やイスや床に座った時の圧迫や摩擦が原因でできます。
このため長時間座って仕事をしている人や、よく自転車に乗る人は、おしりが黒ずみやすい傾向にあります。
この他にも首の後の場合には、乾燥によるバリア機能の低下やストレス、きつい下着による色素沈着などが原因となっています。
黒ずみを解消するためには、ひじやひざ、おしりの場合には、スクラブ入りの石鹸やピーリング石鹸などを使用して、表皮の余分な角質を取り除きます。
また入浴後は、尿素入りのクリームなどを塗り、必ず保湿するようにします。
首の後の場合には、ピーリング石鹸でケアをした後、保湿をすることに加え、規則正しい生活や、気分転換を図るようにします。
また下着は、体を締め付けずにシンプルなデザインのものを選ぶようにします。
これらの角質ケアは毎日ではなく、週1、2回を目安に行うようにします。

黒ずみの種類とケアの方法

毛穴は、皮脂を分泌することで、外部刺激から肌を守ったり、汗や皮脂などとともに老廃物を排出する役目を担っております。
毛穴に黒ずみができてしまう原因はひとつではありません。
黒ずみの原因として挙げられるのは、まず、古い角質や落としきれなかったメイクなどが肌に詰まっている状態の汚れが詰まっていることが原因の場合、ザラザラしているという特徴があります。
ファンデーションやメイクに含まれている油分に、空気中のホコリや化学物質といったものが付着しやすいため、クレンジング後の正しい洗顔と保湿が大切です。
次に、乾燥肌や保湿が十分ではない場合、肌が乾燥していることで、皮脂が過剰に分泌され、毛穴の詰まりが広がり、影ができてしまっている状態になっていることが原因の場合、洗顔後の保湿により皮脂の分泌を抑えることと、適度な運動や入浴によって代謝を高めることも有効になります。
オイリー肌の人の場合、分泌される皮脂の量と新陳代謝のバランスが取れていないことで、毛穴の詰まりが発生している場合、洗顔と皮脂のコントロールを意識して、過剰な皮脂分泌を抑えるために保湿をしっかりして、脂肪分が高い食事、偏食などを避け、皮脂の分泌をコントロールすることが大切です。
最後に代謝の働きや過度なケア、紫外線の刺激などでメラニンが蓄積している状態の場合は、正しい保湿と、紫外線のケアなど、肌の負担を減らすことでメラニン色素を抑えるために、肌を強く擦ったりせずに、適度な運動やピーリングなどでピーリングを促進することが有効な手段となります。
それぞれ、正しいケアで、黒ずみにならないようにすることがとても大切です。

pickup

武蔵小杉 歯医者
http://musashikosugi-dc.com/
清澄白河 歯科
http://iwataya-dental.com/
web制作会社
http://homepage-premium.com/
栃木県 矯正歯科
http://www.utsu-orthodonticoffice.jp/
千歳船橋でインプラントをするなら
http://setagaya-city.com/
枡の通販
http://www.komodaru.co.jp/products/masu.php
ふじみ野 歯科
http://shiga-dc.com/
大田区 税理士
http://www.kayo-kobayashi.com/

2016/9/23 更新