見たくない!黒ずみ対策はじめよう

黒ずみを起こさないファンデーション

女性の方だと、毎日朝メイクをする人が大半でしょうが、ファンデーションを塗るときに使うのはパフであることがほとんどです。
パウダータイプでも、最近はリキッドでもパフを使って縫っているひとは多いです。
しかしパフを使って直接お肌にのせていくとお肌がこすれてしまって、摩擦による刺激を与えることにもなります。
自分では気が付いていないかもしれませんが、これが毎日のこととなると、少しの刺激であっても知りも積もれば山となる、のように最終的には顔に黒ずみをつくるもととなってしまうこともあります。
とくに顔だとほほの部分は毛細血管も浮きやすくてもともと赤い人も多いですが、刺激によって黒ずみが起こりやすい場所でもあります。
そんな黒ずみをなくすには、極力刺激を避けるためにパフよりもやわらかいブラシを使用して、ミネラルファンデーションなど成分が自然由来のものを使えば化粧品による色素沈着も起こらず、黒ずみのないきれいなお肌になれます。

黒ずみがあるときのファンデーションの使い方とは

黒ずみがある場合は、メイクで隠そうとしがちですが、黒ずみをメイクで隠そうとすると、逆に悪化してしまう場合があるので、悪化させないようにスキンケアで解消することが大切です。
まず、下地を塗るときは保湿系のものを塗ることが大切です。
乾燥すると毛穴が目立ってしまうため、保湿系からくる毛穴の黒ずみを防ぐことができます。
ファンデーションを塗るときには、薄付きのものを選ぶことが大切です。
隠すために肌に付くタイプのものを塗ると、その分毛穴も塞いでしまい、また、落とすのも大変で肌にその分大きな負担をかけてしまいます。
薄付きの場合、落とすのも楽で、毛穴にあまり負担をかけずにメイクすることができます。
また、ファンデーションはリキッドタイプよりもパウダータイプのほうが隠すという点ではあまり効果を発揮しませんが、リキッドタイプの場合、分解を防ぐための界面活性剤や防腐剤などの肌に負担をかけてしまう成分が入っているため、黒ずみを悪化させてしまう場合があります。

Valuable information

神戸市で探偵依頼
http://www.horiuchichosa.com/

Last update:2017/4/14